CINE CAPSULE#05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
taka_diary_080831.jpg
さてこの怪しげなカプセル・・・そう、それは「ガチャガチャ」。
現在チケットぴあでご購入された方へのキャンペーンなんですが・・・
中身は参加アーティストからの限定プレゼントです!

アタリからハズレまで。
豪華系からネタ系、ピンク系まで。
各公演ごとに中身入れ替え!
ガチャガチャやるまでわからない!

お楽しみに~


スポンサーサイト
pagetop
甲子園、北京オリンピックが終わり、朝夕めっきり過ごしやすくなってきましたがみなさん、「終わった感」に包まれていませんか?

これからですよ。シネカプセルの9月は。
今日も仕事中にメンバーからの連絡メールがバンバン来て携帯の電池が無くなりました。

頭の中はシネカプセルシネカプセルシネカプセルシネ・・・・・・
そんな状態で梅田を歩いていたら、知らない間にHEP FIVEに向かっていました。
ヤバイ。シネカプセルに体を操縦されていました。

シネカプセル、お前は誰だ?

見上げれば観覧車。もうすぐあの場所でとんでもない事をやってやるんだと、改めて確認。

待ってろよっ! HEP HALLーーーーーーーーーー・・・さん。
よろしくお願いいたします。




塚口さんさんタウン(尼崎)
pagetop

2008.08.12(Tue)|高橋日記

できちゃった。

「short short!」
それはCINE CAPSULEのイベントプログラムの合間に上映する30秒の映像作品で、第1回目のCINE CAPSULEから続いてきた伝統行事でもあります。
映画を出品する人もそうじゃない人も制作に参加できます。

制作のルールは3つ。
一、30秒の作品であること。
二、決まったロゴを最後に入れること。
三、テーマに沿っていること。

このテーマは毎回みんなで決めるんですが、作る人によってその解釈がぜんぜん違うんです。
お互いネタがパクられないように、かぶらないように、水面下で意識するので普段からあまり話しません(笑)

作り方も実写、CG、手描きアニメーション、笑いに走ったもの、オサレに決めるもの様々で飽きさせません。

30秒と言えど、強烈なインパクトを持った作品は何10分ある映画よりも印象に残り、他の監督を脅かす存在になります。
そして、一番面白い作品を作った人は打ち上げで賞賛を浴びるのです。

今回僕は数年ぶりに自分の作品を作ることにしました。
ビデオ撮影も済み、編集です。
昔はパソコンの性能も悪く、編集ソフトは高かったんですが、
今やパソコン買ったら付いてきてるじゃないですか。「Windows ムービーメーカー」なるものが。
まともに触ったのは初めてで、テストのつもりで使ってたらサクサク進んでできちゃいました、
作品1本。
凝ったエフェクト(映像効果)はできませんが、最初からやるつもりも無いのでノープロブレム。
カットでつないで音楽乗せて尺(長さ)を調整したら一丁あがり。
わかりやすいから説明書いらず、そして映像編集の楽しさは損なわず。
できるじゃないかマイクロソフト。(なぜ上から目線?)

そんな僕の作品が観れるのはCINE CAPSULEだけ!(だからなぜ上から目線?)

テーマは「花火」
pagetop

2008.08.11(Mon)|高橋日記

若さって何だ?

今日はイベントの会議でした。
開催まであと1か月。来ていただいたお客さんに、少しでも楽しんでもらえるような企画を練っています。
最近では若いスタッフが増えました。その新鮮で柔軟なアイディアに、昔からいるスタッフの僕らは良い刺激を受けています。

写真はその若い女性スタッフが休憩中に食べていたホルモンです。
え?ホルモン!?会議室で!?
その新鮮で柔軟なセレクトに良い刺激(食欲)を受けました。
男らしいね。
pagetop

FC2Ad

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。